個人的見解

緒方監督辞任!次の監督は?

投稿日:2019年10月2日 更新日:

緒方監督胴上げ

個人的には、
まさかの辞任!でした。

というのも、
緒方監督はBクラスの責任を取って辞任を申し入れますが、
球団が留意し、来年1年間だけ指揮をとると思っていたからです。

緒方監督の性格上、
辞任をしたいと言うことは分かっていましたが、
その反面、責任感の強い緒方監督ですから、
来年リベンジして、チームを良い状態にして、
次の監督にバトンタッチするのかなと。

そして、次期監督を入閣させ、
学ばせてから退任するのかなと。

だから、コーチの入れ替えはあると思っていました。
で、そのコーチは、
石井琢朗の復帰か、
東出コーチまたは広瀬コーチの昇格、
新任コーチとして、新井か黒田の入閣。

全て外れましたね。

では、来年のカープは誰が監督をするのか?

カープ来年の監督候補<内部昇格>

カープはBクラスになったとはいえ、
優勝争いできる実力があるし、
去年までは3連覇していたチームです。

今年は主力の離脱で順位を落としましたが、
実力はあるチーム。
ただ、過渡期に差しかかろうとしています。

そういった状態のチームを引き継ぐ場合、
一番適しているのは、
チームの状態を知っている人に任せる事。

新しいチームに生まれ変わらせる必要は今はないので、
内部昇格が一番適していると思います。

 

では、
内部昇格の場合誰が監督になるのか?

実力から考えると、
高コーチ

地名度から考えると、
佐々岡コーチ

カープの監督は5年間と言うことを考えると、
東出コーチ広瀬コーチ

この4人が候補に上がってきます。

 

優勝経験しているし、チームの状態も把握しているので、
良さそうに思えますが、
いかんせん地味

優勝できる監督であることが大前提ですが、
ある程度の知名度も必要。
今やカープは人気球団ですから、
監督の知名度を全く無視する事は出来ません。

 

野村監督、緒方監督とスター選手が監督している事を考えると、
今のコーチ陣の内部昇格はちょっと難しいのかな?

カープ来年の監督候補<外部招聘>

今のチーム状態でこの線は無いと思います。

チームがどん底の状態でどうにもならないない。
新しい風が必要。

 

そうなった時は外部招聘が良いですが、
古葉監督以降、カープOBで監督は固められているので、
外部招聘は無いと思います。

カープ来年の監督候補<OB起用>

内部昇格が難しい場合、
カープOBの起用が一番可能性が高いと思います。

カープOBで、且つ今のチーム状態を知っていて、
スムーズにチームが引き継げそうな人は、

 

野村前監督の復帰

実は、野村前監督の復帰が大本命かなって思っています。
今の主力は野村さんの時代の選手だし、
カープの野球を知っているし、
何の問題もなくチームを引き継げる最有力候補名の中と。

 

もし、野村さんが断った場合は、
石井琢朗の復帰
石井琢朗

今年でヤクルトを退団しました。
家族と暮らすためにカープを退団し東京に帰ったので、
2年で広島に帰ってこれるのか?
という問題はありますが、
2年前までカープでコーチしてましたし、
今の主力も育てていますし、
何より、今のカープ打線を作った人ですから。

知名度、指導者としての実力もあるので、
候補には上がっていて、オファーは出しているんじゃないかと思います。

 

後、毎年候補というか、
ファンからの期待が高いのが、
黒田博樹新井貴浩

いずれは監督になると思いますが、
今年ではないのかなと。

今の状態のチームを引き継ぐのは難しいのかなと思います。
ただ、5年後?くらいには監督になっているかもしれません。

 

最後に、期待薄だけど、
金本知憲
前田智徳
達川光男

この3人もない事はないのかなって気がします。
特に金本は阪神の監督として去年までカープと対戦をしていたので、
チームの事も少なからず知っているし、
カープ野球というのを知っています。

ただ、今のコーチ陣とうまくやれるのか?
という心配はあります。

 

達川光男さんもカープで監督経験ありますし、
去年まではソフトバンクでヘッドコーチやってました。
解説者としてカープを間近で見ているので、
候補に上がってもおかしくないかなと。

 

前田さんもいつも候補に上がりますが、
本人が監督やる気がないので、
球団としてもオファーは出していないと思います。
それに、職人肌の選手でしたから、
監督向きではないのかなと思います。

カープ来年の監督候補<まとめ>

色々書きましたが、
野村前監督の復帰

大本命だと思います。

 

球団は9日までに決めて発表すると言っているという事は、
ある程度前から動いていたのか?
それとも、秋季キャンプのことを考えて9日と言ったのか?

 

どちらにしても少ない日数の中で、
来年のカープを任せられる人を選ぶとなると、
野村前監督の復帰が大本命となってきます。

 

対抗馬として、
石井琢朗の復帰
高コーチの内部昇格

 

穴として、
佐々岡コーチの内部昇格

 

大穴として、
金本知憲の招聘

 

こんな感じですかね。

 

意外に、
大穴の大穴として、
達川光男の招聘
あるかもしれません。

ソフトバンクの柳田がFAした時に、
入団しやすいように広商OBとして交渉を優位に進めてくれるかもしれません。

 

まだどうなるか分かりませんが、
優勝できる監督を選んでほしいです。

 

地域によっては義務化されていますよ。

-個人的見解
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

広島カープ

逆転の広島復活!

2戦連続の逆転勝ち! しかも8回に逆転! これってまさしく去年までの広島です。 今年は交流戦の後半から前半戦の後半にかけて大きく失速。 そして先制点を取られると逆転できない歯がゆい試合が続いていました …

プロフィール

やはり野球は投手力。カープの課題も投手力。

カープが浮上して優勝するために必要なことは? と言われたら間違いなく、 「投手力」 と答える人は多いはずです。 なぜなら、 今年のカープ、投手力が弱すぎ。 特に中継ぎ陣。 流れを引き戻すどころか、相手 …

広島カープ

佐々岡カープのキャンプ初日 佐々岡監督らしいスタート

カープのキャンプ初日、 ウォーミングアップ後に野手と投手が一緒になってベースランニングをしたみたいです。 なかなかこういった練習ってプロでは無いのでは? この辺、佐々岡監督が掲げる一体感が出てますねぇ …

野球観戦

カープ13連敗。だけど悲観しなくても良いたった1つの理由

開幕に向けて練習試合が再開しましたが、今だにカープに勝ち星なし。 しかも中断する3月から数えて13連敗。 「このまま開幕迎えて大丈夫なの?」 「勝ち方忘れてしまったのでは?」 そういった心配してしまい …

広島カープ

新戦力に期待!

5月とは全く別のチームになってしまった広島カープですが、 6月は全く収穫がなかった訳ではありません。 新戦力が次々と芽を出してきた。 そんな月だったと思います。 例えば、 「小園」 高卒ルーキーですが …