個人的見解

2019年の先発ローテーション

投稿日:

まだキャンプインしていませんが、
今年の先発ローテーションを考えてみました。

まず、開幕投手ですが今年は、
大瀬良だと思います。

去年の実績とこれからエースとして活躍してくれる期待を込めて、
今年は「大瀬良」になるのかなと。

なのでローテーションの1番手は「大瀬良
そして2番手は「ジョンソン
これは今までの起用法から。
3番手は「岡田
ポテンシャルはありますが安定感にかけるので、
頭を任せることは難しいのかなと。
なので3番手。

2019年の表ローテは、
大瀬良
ジョンソン
岡田

そして4戦目以降の裏ローテですが、
4番手は「野村
去年の開幕投手ですが期待を大きく裏切りました。
でも元々安定感はある投手ですし、
実績もあるので、3連戦の頭を任せられるのかなと。

5番手は「九里
調子の良い時はいいのですが、まだ波がある投手。
だけど去年の実績から今年はローテを任せられると思います。

6番手は難しいですね。
過去の実績から考えると、
薮田」「中村恭平」「中村祐太
この辺に入ってきて欲しいところです。
毎年5番手、6番手は流動的にしているので、
色々な投手が投げると思いますが、
開幕6戦目は期待を込めて「中村祐太」

こうして見てみると、
計算できる先発が最低でも4人いるというのは流石です。
ここに「九里」が年間通して活躍できれば4連覇は確実なのかなと。

そしてカープの投手は毎年誰かがブレークします。
16年は野村、17年は薮田、18年は大瀬良。
今年19年は中村祐太あたりがブレークすると楽しいことになりそうです。

そして密かに期待しているのが、
塹江」と「高橋昂也」のW高卒左腕。
実はカープってドラフトで入団した高卒左腕で年間二桁勝った選手がいないそうです。
(大野や川口、高橋建は社会人出身)

かつてのドラフト1位:河内も二桁勝てなかったですし、
大卒で入団した篠田も勝てませんでした。

なので、何が何でもこの二人には頑張ってもらって、
嫌なジンクスを塗り替えてもらいたい。

ここで計算できる左投手が出てくると、
4連覇もグッと近づきますし、
かつての投手王国が復活してきます。

ということで、
まずはキャンプですね。
そこでどれだけアピールできるか?

後半月後に迫ったキャンプ。
今から楽しみです。

-個人的見解
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野球観戦

カープの楽しみな戦力

11日のカープは、 1イニング11安打の球団タイ記録。 ちなみにセリーグ記録は、阪神の12安打。 あと1本でしたね。惜しかったです。 そんなカープの中で楽しみな新戦力が2人活躍しました。 「坂倉」と「 …

佐々岡監督に期待

佐々岡監督は期待できるかも!?

正直、 佐々岡監督に決まった時、 「来年優勝する気あるのかな?」 って思いました。   というのも、 佐々岡は育成は上手だが、 選手起用は???   これは今年の投手陣の継投、 中 …

広島カープ

逆転の広島復活!

2戦連続の逆転勝ち! しかも8回に逆転! これってまさしく去年までの広島です。 今年は交流戦の後半から前半戦の後半にかけて大きく失速。 そして先制点を取られると逆転できない歯がゆい試合が続いていました …

広島カープ

カープ交流戦最下位。でも大丈夫!

交流戦前まではセリーグ首位で2位に4ゲーム差をつけていたのに、 交流戦でまさかの失速。 気がつけば2位。 しかも、 「交流戦最下位は優勝確率0%」 と言われ4連覇に赤信号が灯っていると言われている広島 …

プロフィール

やはり野球は投手力。カープの課題も投手力。

カープが浮上して優勝するために必要なことは? と言われたら間違いなく、 「投手力」 と答える人は多いはずです。 なぜなら、 今年のカープ、投手力が弱すぎ。 特に中継ぎ陣。 流れを引き戻すどころか、相手 …